TikTok(ティックトック)運営のバイトダンス、米国事業をマイクロソフトに売却決めるもトランプ大統領が禁止方針撤回するかは不明


公開日:

ロイター通信は8月1日、情報筋からの話としてTikTok(ティックトック)運営のバイトダンスがTikTok米国事業をマイクロソフトに売却することを決定したと報じた。

Exclusive: TikTok’s Chinese owner offers to forego stake to clinch U.S. deal – sources

トランプ大統領がTikTokの米国内利用禁止の意向を表明したことを受けて譲歩したとみられている。

この情報筋によると、バイトダンスは米国法人の少数株式保有を望んでいたがホワイトハウスが拒否したため、新たな提案ではバイトダンスが完全に撤退したうえでマイクロソフトに事業を引き継ぐことになるという。マイクロソフトが米国内の全ユーザーデータ保護を担当することになる模様。

ロイター通信は、トランプ大統領がこの譲歩案を受け入れるかホワイトハウスはコメントしなかったとし、バイトダンス、マイクロソフト両社からもコメントは得られなかったと報じている。

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事