三菱電機、不正アクセスにより防衛省の「注意情報」が流出した可能性を発表


公開日: 最終更新日:

三菱電機は1 月 20 日に公表した不正アクセス被害について、流出可能性のある情報として、防衛省の「注意情報」があることを発見した、と第二報で発表した。

同社は社内調査の結果、防衛・電力・鉄道などの社会インフラに関する機微な情報、機密性の高い技術情報や取引先に関わる重要な情報は流出していないことを確認済みであるとしていたが、防衛省への詳細報告を準備する中で、流出可能性のある情報に防衛省の「注意情報」があることを 2 月 7 日に発見したとしている。

防衛省における全容解明に向け、指示に従っていく、としている。

関連:

三菱電機にサイバー攻撃、8000名超の個人情報流出の可能性


カテゴリ:
タグ:



関連記事