「Amazonセキュリティ警告: サインインが検出されました」というメールがフィッシング詐欺か検証する


公開日: 最終更新日:

「Amazonセキュリティ警告: サインインが検出されました」というメールがフィッシング詐欺か検証します。

新しいデバイスからのログイン(サインイン)があったとしてアカウントの確認を求める内容です。

文面は以下の通りです。

サインインが検出されました

サインインが検出されました Image

カナミツタツオ様、新しいデバイスからサインインしましたか?

日時May 05, 2020 12:33 AM Japan Standard Time

デバイスGoogle Chrome (デスクトップ)

付近Tokyo, Japan

これがお客様ご自身による操作だった場合、このメッセージは無視してください。

詳細を表示

まず送信元を調べてみます。

送信者名はAmazonになっていますが、送信元メールアドレスはpostmaster@foxmail.comです。

 foxmail.comとなっていますが、foxmailは中国のテンセントが開発したメールクライアントです。

送信元サーバーを調べてみます。

 このIPアドレス、106.75.18.225を調べてみると、

 中国に割り当てられたIPアドレスということが分かります。

次にリンクの誘導先を調べてみます。

https://subscription.hdmkwe[.]com/amazon.htm というURLにリンクされています。

このアドレスに、安全を担保してアクセスしてみます。

すると、

このように少々エラーがありますがAmazonを偽装したページが現れます。

ここで、それは私です、のボタンをクリックすると、

 のURLに転送(リダイレクト)されます。

そして、偽のAmazonログイン画面が現れます。

IPアドレスは2606:4700:3037::6818:6c8e、アメリカです。

「Amazonセキュリティ警告: サインインが検出されました」というメールはフィッシング詐欺

「Amazonセキュリティ警告: サインインが検出されました」というメールはフィッシング詐欺です。

このメールは中国から送信されています。

そして、Amazonと全く関係のないアメリカのサーバーで運営されているサイトに誘導されています。

くれぐれもクレジットカード情報を含む個人情報やアカウント情報を入力しないよう、注意してください。

Amazonを騙るフィッシング詐欺メールの確実な見分け方

Amazonを騙るフィッシング詐欺メールの確実な見分け方について、以下の記事で紹介しています。

見分けにくいケースでも安全に、そして確実な判断が可能です。

Amazonを騙るフィッシング詐欺メールの確実な見分け方

関連するこの記事も読まれています

2022.06.27 →amazon.co.jp アクションが必要です サインインというメールがフィッシング詐欺か検証する

2022.06.15 →【Amazon】重要なお知らせはタイムリーに処理してください というメールがフィッシング詐欺か検証する

2022.06.10 →【情報】 Amazon.co.jp:お客様のお支払い方法が承認されません #878-9432229-8829553というメールがフィッシング詐欺か検証する

2022.03.29 →【 アマゾ⁩ン 】プ︉ライム会︉費のお支︉払い方︉法に問︉題が︉あり︉ます、更新してくださいというSMSがフィッシング詐欺か調査する

2022.03.07 →【アマソン】プライム会費のお支払い…というSMS(ショートメール)が詐欺かどうか調査する

2021.08.04 →Amazon Pay ご請求内容のお知らせ番号:460929421391というメールがフィッシング詐欺か検証する

2021.05.10 →【Amazon】注文状況が変更されましたというメールを分析する

2020.10.03 →🔴 Amazon. co. jp この措置を講じましたが、ご提供いただいた情報がカード発行会社のファイルの情報と一致していませんというメールがフィッシング詐欺か分析する

2020.10.01 →支払情報一致していませんというAmazonからのメールがフィッシング詐欺か検証する

2020.08.11 →Amazonアカウント情報が漏洩した可能性がありますというメールがフィッシング詐欺か検証する

関連記事



カテゴリ:
タグ:,,



関連記事