三菱電機へサイバー攻撃、銀行口座8,635件の情報を含む取引先情報が外部に流出


公開日:

三菱電機は11月20日、第三者よりの不正なアクセスによって国内取引先の一部情報が流出した、と発表した。

同社では11 月16日に、クラウドサービスに対する通常とは異なるアクセスを認識、当該アクセスを遮断したが、その後の調査の中で情報の流出が判明した。

11月20日現在、判明している外部に流出した情報は以下の通り。

・国内取引先の金融機関口座(三菱電機の支払先口座)に関わる情報(8,635 口座)

取引先名称、住所、電話番号、代表者名、金融機関名、口座番号、口座名義など

なお、同社では不正アクセスの内容の詳細を調査中で、現段階では情報の流出原因は判明していないというが、本年1月、2月に公表した2019年の事案とは異なる手法であるとみられている。

不正アクセスによる情報流出について 三菱電機Webサイトより

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事