Windows10のSMBv3脆弱性、CVE-2020-0796の修正パッチをMicrosoftが緊急配布


公開日:

Windows 10のSMBv3脆弱性を修正するパッチを、今日Microsoftが緊急配布しました。

脆弱性対策された累積更新プログラム、KB4551762は、通常のWindowsアップデートから利用できます。

スタンドアロンパッケージを入手する場合は、 Microsoft Update カタログからもダウンロードできます。

http://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB4541338

Microsoftによると、Microsoft Server Message Block 3.1.1(SMBv3)プロトコルが特定のリクエストを処理する方法に、リモートコード実行の脆弱性があることを認識しています。攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、標的のSMBサーバーまたはSMBクライアントでコードを実行できる可能性があります。

この脆弱性CVE-2020-0796は、重大度はCritical(緊急)となっており、修正パッチ配布前にセキュリティベンダーが公表していました。

対象となるシステムは以下の通りです。

Windows 10 Version 1903 for 32-bit Systems

Windows 10 Version 1903 for ARM64-based Systems

Windows 10 Version 1903 for x64-based Systems

Windows 10 Version 1909 for 32-bit Systems

Windows 10 Version 1909 for ARM64-based Systems

Windows 10 Version 1909 for x64-based Systems

Windows Server, version 1903 (Server Core installation)

Windows Server, version 1909 (Server Core installation)


カテゴリ:,,
タグ:,



関連記事