【アラートレポート】:私たちはあなたのアカウントを安全にしなければなりません。【ケース-ID 845KMS 】というメールがフィッシング詐欺か検証


公開日:

【アラートレポート】:私たちはあなたのアカウントを安全にしなければなりません。【ケース-ID 845KMS 】というメールがフィッシング詐欺か検証します。

誰かがあなたのアカウントで何かを購入しようとしたからアカウントをロックした、24時間以内に情報を更新してくれといった内容です。

文面は以下の通りです。

誰かがあなたのAmazonアカウントで他のデバイスから購入しようとしました。

そうでなければ、Amazonの保護におけるセキュリティと整合性の問題により、

セキュリティ上の理由からアカウントがロックされます。

アカウントを引き続き使用するには、

24時間前に情報を更新することをお勧めします。 それ以外の場合、あなたのアカウントは 永久ロック.

「確認用アカウント」

まず、メールヘッダーから送信元を調べてみます。

 送信者名はAmazon ヘルプとなっていますが、送信元メールアドレスはなぜかverify@twitter.comとTwitterのメールアドレスになっています。

Return=pathはpostmaster@g35ijg5tae.comとなっており、偽装された送信元メールアドレスと異なります。

このドメインのwhois情報を調べてみます。

 どうやら日本の大阪府のようですが、このReturn-Path自体も偽装されている可能性があります。

送信元サーバーを見てみます。

 このIPアドレスは、

 マイクロソフトに割り当てられているIPアドレスでした。

次にメール本文からリンクの誘導先を調べてみます。

 となっていますが、ここでは現在稼働しているwebサイトはありませんでした。

【アラートレポート】:私たちはあなたのアカウントを安全にしなければなりません。【ケース-ID 845KMS 】というメールはフィッシング詐欺

【アラートレポート】:私たちはあなたのアカウントを安全にしなければなりません。【ケース-ID 845KMS 】というメールはフィッシング詐欺と見てよいでしょう。

Amazonを偽装していますが、実際は全く異なるメールアドレスであり、サーバーもAmazonのものではありません。

リンク誘導先のhttp://u0wukmwg0ri95mx7c24i.cus048vr33bsfju[.]com は稼働サイトはないもののAmazonとは異なる誘導先であり、フィッシング詐欺の手口です。

関連するこの記事も読まれています

2022.09.28 →お客様のお支払い方法が承認されません.番号:671348というメールがフィッシング詐欺か検証する

2022.09.22 →Amazon.co.jp 第三者による不正使用の可能性を検知というメールがフィッシング詐欺か検証する

2022.09.21 →Amazon.co.jp でのご注文についてというメールがフィッシング詐欺か検証する

2022.08.03 →Amazonプライム会費のお支払い方法に問題があります、個人情報を更新してくださいというメールがフィッシング詐欺か検証する

2022.07.20 →【情報】 Amazon.co.jp:お客様のお支払い方法が承認されません #878-9432229-8829554というメールがフィッシング詐欺か検証する

2022.06.27 →amazon.co.jp アクションが必要です サインインというメールがフィッシング詐欺か検証する

2022.06.15 →【Amazon】重要なお知らせはタイムリーに処理してください というメールがフィッシング詐欺か検証する

2022.06.10 →【情報】 Amazon.co.jp:お客様のお支払い方法が承認されません #878-9432229-8829553というメールがフィッシング詐欺か検証する

2022.03.29 →【 アマゾ⁩ン 】プ︉ライム会︉費のお支︉払い方︉法に問︉題が︉あり︉ます、更新してくださいというSMSがフィッシング詐欺か調査する

2022.03.07 →【アマソン】プライム会費のお支払い…というSMS(ショートメール)が詐欺かどうか調査する

関連記事



カテゴリ:
タグ:,,



関連記事