蔵王チーズオンラインショップに不正アクセス、クレジットカード情報268件が流出か


公開日: 最終更新日:

蔵王チーズオンラインショップを運営する一般財団法人蔵王酪農センターは6日、蔵王チーズオンラインショップに第三者からの不正アクセスがあり顧客のクレジットカード情報268件が流出した可能性があると発表した。

同財団によると、2019年12月3日、商品を購入したユーザーからクレジットカード情報の流出懸念についての連絡を受け、2019年12月4日「蔵王チーズオンラインショップ」でのカード決済を停止。

同時に、第三者調査機関による調査を開始、2020年2月28日に調査が完了し、2019年4月25日から2019年12月4日の期間に「蔵王チーズオンラインショップ」で購入したユーザーのクレジットカード情報が流出し、一部ユーザーについてはクレジットカード情報が不正利用された可能性があることを確認したという。

原因は「蔵王チーズオンラインショップ」のシステムの一部の脆弱性をついたことによる第三者の不正アクセスとしている。

不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ | 蔵王チーズ 公式オンラインショップ

同財団によると個人情報流出の可能性があるユーザーは以下の通り。

2019年4月25日~2019年12月4日の期間中に「蔵王チーズオンラインショップ」より誘導された偽決済フォームへクレジットカード決済情報を入力した可能性のある268名

流出した可能性がある情報の範囲は以下の通り。

・カード名義人名

・クレジットカード番号

・有効期限

・セキュリティコード

なお、上記に該当する268名について別途電子メールおよび書状で個別に連絡をとるという。

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事