コインチェック、ドメインレジストラ(お名前.com)のアカウントに不正アクセスされ一部ユーザー(約200名)のメールが流出か


公開日:

コインチェック株式会社は6月2日、同社が利用しているドメインレジストラ(ドメイン登録サービス)のお名前.com(GMOインターネット株式会社)のアカウントが不正アクセスの被害に遭い、第三者によってドメイン登録情報が変更されていたと発表した。

当社利用のドメイン登録サービスにおける不正アクセスについて(第一報) | コインチェック株式会社

これにより、2020年5月31日~6月1日の期間、ユーザーからの問い合わせメールの一部を第三者が不正に取得できる状態になっていた。

経緯

コインチェックは2020年6月1日12時00分頃、監視業務にて異常を検知し調査を開始、ドメイン登録情報が変更されていることが分かったもの。

2020年6月1日20時52分頃にドメイン登録情報の修正を実施しており、現時点でユーザーの資産に影響はないという。

影響範囲

コインチェックによると、概要は以下の通り。

対象:

2020年5月31日~6月1日に問い合わせを行ったユーザー約200名

流出した可能性のある情報:

(1)宛先に記載されているメールアドレス

(2)ユーザーがメールに記載した情報

(2)に関しては、以下の個人情報等が含まれている可能性がある。

お名前/登録住所/生年月日/電話番号/IDセルフィー

暗号資産の送金の一時停止

現時点でユーザー資産に影響はないものの、レジストラの調査進捗を鑑み暗号資産の送金を停止している。

なお、日本円の入出金および暗号資産の受取・購入・売却等のサービスは通常通り利用できる。

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事