「新型コロナウイルスの感染予防策について」というタイトルの国立感染症予防センターを騙るメール【詐欺】


公開日:

国立感染症研究所は、「新型コロナウイルスの感染予防策について」というタイトルの標的型メール攻撃と目されるメールを確認した、と発表し注意喚起を行っている。

COVID-19の注意喚起とともに不審なURLへのリンクが付いたメールが「国立感染症予防センター」という差出人で個人宛メールアドレス宛に送られたもので、本文冒頭に、団体名・個人名が付いていることから、受け手の個人情報を調べたうえでメールを送りつける「標的型メール攻撃」の一種と考えられるという。

なお、同研究所に国立感染症予防センターという組織は存在しない。

国立感染症研究所が公開したメール文面例は以下の通り。

From: info@ins.gmail.com <info@ins.gmail.com>;

Sent: Wednesday, February 26, 2020 9:04 AM

To: ●●●

Subject: 新型コロナウイルスの感染予防策について

各位

お世話になっております。

新型コロナウイルス関連肺炎については、中国武漢市を中心に患者が報告され、

国内でも多数患者が報告されています。

つきましては、以下通知をご確認いただき、

感染予防策についてよろしくお願いします。

<対策はこちら> ←この部分が不審なURLへのリンクになっています

———————-

国立感染症予防センター

info@ins.gmail.com

 国立感染症研究所では、公的なお知らせはすべてWebサイト上に公開され、 メールを用いた一般への情報提供は一切行っていない。

また、同研究所の情報セキュリティ教育では、「詳細は添付ファイルで」といった内容のメールを出さないよう指導しているという。

こうしたメールが確認されたことを受けて同研究所は「詐称メール」を受信した場合添付ファイルを開かずにメールごと削除するよう警戒を呼び掛けている。

当研究所に類似した機関による新型コロナウイルス感染症の注意喚起を装うメール攻撃にご注意ください

当研究所に類似した機関による新型コロナウイルス感染症の注意喚起を装うメール攻撃にご注意ください


カテゴリ:,
タグ:,



関連記事