ヤフー、IDの39万件に誤登録、住所や電話番号など他者に閲覧される恐れ


公開日:

ヤフーは6日、ヤフーIDの39万件に住所や電話番号などの誤登録が発生し、住所や電話番号などが他者に閲覧される恐れがあると発表した。

ヤフーによると、7月29日(水)14時06分から8月4日(火)23時50分までの間、IDに登録された氏名・住所・電話番号などのいずれかを編集しようとした一部のユーザーにおいて、修正内容が自身のID登録情報に反映されず、他のID登録情報に誤って反映される事象が発生したという。

これにより、一部ユーザーのID登録情報が他のID保有者に閲覧された可能性、また誤って上書きされた情報を元に他のID保有者の注文した商品・サービスが別のユーザーに届いた可能性がある。

なお、本事案はシステム不具合によるものでサイバー攻撃等によるものではない。

また、メールアドレス、クレジットカード情報、金融機関の口座情報は含まれていない。

誤登録があった項目は以下の通り。

システム不具合により誤って反映された情報項目

IDの「登録情報」に登録された「氏名住所情報(氏名・住所・電話番号など)」のすべて。項目としては、以下の通り。

・「姓」「名」「姓(カナ)」「名(カナ)」

・「自宅」および「勤務先または学校」の以下の情報

「国または地域」「郵便番号」「都道府県」「市区町村」「町名・番地」「ビル・マンション名」「電話番号」「ファックス番号」「緊急連絡先(電話番号)」

・「勤務先または学校名」

ID登録情報が誤って上書きされた可能性のある他のID数は最大38万7460IDと発表されている。

なおヤフーはID登録情報が上書きされたかどうかを判定するツールを今日7日以降公開する予定だという。

Yahoo! JAPAN IDの登録情報システム不具合に関するお詫びと不具合解消に関するお知らせ

Yahoo! JAPAN IDの登録情報システム不具合に関するお詫びと不具合解消に関するお知らせ より

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事