お支払い方法の情報を更新というAmazonからのメールがフィッシング詐欺か検証する


公開日:

「お支払い方法の情報を更新」というAmazonからのメールがフィッシング詐欺か検証します。

Amazonプライムの更新期限だがクレジットカードが有効ではないから登録し直してほしいといった内容です。

文面は以下の通り。

お支払い方法の情報を更新してください。Update default card for your membership.

マイストア?|タイムセール?|ギフト券

Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。お客様のAmazonプライム会員資格は、2020/06/09に更新を迎えます。お調べしたところ、会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。クレジットカード情報の更新、新しいクレジットカードの追加については以下の手順をご確認ください。

1. アカウントサービスからAmazonプライム会員情報を管理するにアクセスします。

2. Amazonプライムに登録したAmazon.co.jpのアカウントを使用してサインインします。

3. 左側に表示されている「現在の支払方法」の下にある「支払方法を変更する」のリンクをクリックします。

4. 有効期限の更新または新しいクレジットカード情報を入力してください。

Amazonプライムを継続してご利用いただくために、会費のお支払いにご指定いただいたクレジットカードが使用できない場合は、アカウントに登録されている別 のクレジットカードに会費を請求させて頂きます。会費の請求が出来ない場合は、お客様のAmazonプライム会員資格は失効し、特典をご利用できなくなります。

Amazon.co.jpカスタマーサービス

支払方法の情報を更新する

まずは送信元を調べてみます。

 送信者名はamazonですが、送信元メールアドレスもReturn-Pathも yzio@ekrg[.]com となっておりAmazonとは全く関係がありません。

送信元サーバーも調べてみます。

 ipアドレスは49.73.229.44 ですが、このIPアドレスを調べてみると

 中国のIPアドレスだと分かります。

次に、メール本文中にあるボタンのリンク誘導先を調べてみます。

 となっており、150.95.223.41 へ誘導しています。

このIPアドレスは

 日本のGMOインターネットに割り当てられたIPアドレスでした。

お支払い方法の情報を更新というAmazonからのメールはフィッシング詐欺

お支払い方法の情報を更新というAmazonからのメールはフィッシング詐欺です。

このメールは送信者名Amazonですが、中国から送信されておりリンクの誘導先もAmazonではありません。

なお、誘導先のIPアドレスはすでにブラックリスト入りしているようです。

関連するこの記事も読まれています

2022.06.27 →amazon.co.jp アクションが必要です サインインというメールがフィッシング詐欺か検証する

2022.06.15 →【Amazon】重要なお知らせはタイムリーに処理してください というメールがフィッシング詐欺か検証する

2022.06.10 →【情報】 Amazon.co.jp:お客様のお支払い方法が承認されません #878-9432229-8829553というメールがフィッシング詐欺か検証する

2022.03.29 →【 アマゾ⁩ン 】プ︉ライム会︉費のお支︉払い方︉法に問︉題が︉あり︉ます、更新してくださいというSMSがフィッシング詐欺か調査する

2022.03.07 →【アマソン】プライム会費のお支払い…というSMS(ショートメール)が詐欺かどうか調査する

2021.08.04 →Amazon Pay ご請求内容のお知らせ番号:460929421391というメールがフィッシング詐欺か検証する

2021.05.10 →【Amazon】注文状況が変更されましたというメールを分析する

2020.10.03 →🔴 Amazon. co. jp この措置を講じましたが、ご提供いただいた情報がカード発行会社のファイルの情報と一致していませんというメールがフィッシング詐欺か分析する

2020.10.01 →支払情報一致していませんというAmazonからのメールがフィッシング詐欺か検証する

2020.08.11 →Amazonアカウント情報が漏洩した可能性がありますというメールがフィッシング詐欺か検証する

関連記事



カテゴリ:
タグ:,,



関連記事