日経新聞にサイバー攻撃、12000人分を超える社員等の個人情報が流出か


公開日:

日本経済新聞社は12日、グループ従業員のパソコン1台が5月8日にウイルスに感染し、日経本社と一部グループ会社・団体の役員および社員・OB、日経への派遣社員・アルバイト・業務委託先社員など、あわせて1万2514人分の個人情報が流出したと発表した。

流出したのは日経社内ネットワーク端末を利用した従業員等の情報で、取材先や読者、顧客などの情報は含まれていない。

なお、当該従業員に送られてきたメールの添付ファイルには新種のウイルスが仕込まれていたため異常検知が遅れたという。

同社はすでに不正な通信を遮断し、セキュリティを強化する。

なお、流出した情報が悪用された事例は確認されていない。

サイバー攻撃による社員等の個人情報流出について

サイバー攻撃による社員等の個人情報流出について より


カテゴリ:
タグ:,,,



関連記事