ガーミン(Garmin)にランサムウェア攻撃か、ほとんどのサービスが停止する大規模障害に発展


公開日: 最終更新日:

GPS機器やスマートウォッチなどのウェアラブルデバイス、フィットネスアプリを提供するガーミン(Garmin)のサービスが7月23日(米国時間)より停止しており、大規模なサービス障害に発展している。

7月27日13時時点(日本時間)でも、Garmin Connectが限定的な復旧ステージにあるだけで、ほとんどのサービスはすべて停止している。

Garmin Connect | Status より

また同社のコールセンターにも影響が出ており、現在電話やeメール、オンラインチャットの受信もできない状態になっている。

Garmin Outage より

同社は上記ページにFAQを用意しており、

このシステム停止期間中、Garmin Connectのデータへアクセスすることができませんが、システム停止中にも、アクティビティや健康・ウェルネスデータはGarminのデバイスに保存され、Garmin Connectに同期が再開され次第、Garmin Connectでも表示されるようになります。

inReachのSOSやメッセージはこのサービス停止の影響を受けておらず、MapShareウェブサイトや、email返信ページも含めてご利用が可能です。

このサービス停止により、アクティビティ、決済、そのほか個人情報を含む皆様のデータに影響が出る兆候は確認されておりません。

としている。

WastedLockerによるランサムウェア攻撃か

同社はサービス停止に陥っている理由について明言していないが、bleepingcomputer.com の取材報道によると、ガーミン(Garmin)の従業員らからWastedLockerランサムウェアによる攻撃を受けた模様。

Garmin outage caused by confirmed WastedLocker ransomware attack

bleepingcomputer.com はVirusTotalでこの攻撃に用いられたのと同じWastedLockerランサムウェアを発見・調査した結果、情報にあった通り暗号化されたファイルに.garminwasted拡張子が付加されたとしている。

WastedLockerランサムウェアによる大企業への攻撃はこの1年でも増加しており、高額な身代金を請求するケースが相次いでいるという。

続報:ガーミン(Garmin)の大規模障害、ランサムウェアによるサイバー攻撃と公式に発表

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事