ワイン通販サイトの「世界のワイン葡萄屋」に不正アクセス、クレジットカード情報658件が流出した可能性


公開日: 最終更新日:

株式会社フィオーロは25日、同社が運営するワイン通販サイト「世界のワイン葡萄屋」が第三者による不正アクセスを受け、セキュリティコードを含むクレジットカード情報658件が流出した可能性があると発表した。

不正アクセスによるクレジットカード情報流出懸念の疑いを確認したのは2019年12月6日。

これを受け同日「世界のワイン葡萄屋」のカード決済を停止し、かつ当該サイトへのアクセスを停止した。

第三者調査機関による調査によると、2019年10月20日~2019年12月6日の期間に「世界のワイン葡萄屋」で購入した顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることが確認されたという。

流出したクレジットカード情報に含まれるものは以下の通り。

・カード名義人名

・クレジットカード番号

・有効期限

・セキュリティーコード

原因はシステムの脆弱性をついたもの。

なお、クレジットカード以外の支払方法を選択した場合、また、クレジットカードでの支払い方法を選択してもカード情報が登録済みで、改めてカード情報を入力されていない場合はカード情報流出の心配ないという。

また、同社が運営するAmazon通販サイトにてクレジットカードを利用したものについては不正アクセスによる影響はない。

なお同社は2020年1月30日に監督官庁である個人情報保護委員会に報告を行い、所轄警察である鶴見警察署にも2020年1月29日被害を申告している。

当該サイトはクレジットカードでの決済を現在行っておらず、これまでのプラットフォームとは異なる新しいプラットフォームで改修する。

本不正アクセス被害についての相談窓口は以下の通り。

≪株式会社フィオーロ お客様相談窓口≫

・受付時間:9:00~18:00(土・日・祝日除く)

 ※2月29日(土)、3月1日(日)についてはお問い合わせを受け付けております。

・電話番号:フリーダイヤル 0120-037-126

・専用メールアドレス:hotline@budouya.jp

関連ページ:世界のワイン葡萄屋|40ヶ国以上の豊富な品揃えのワイン通販 / 不正アクセスお詫びとお知らせ

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事