釣りビジョンのサーバーにSQLインジェクション、約64,000件の個人情報が流出


公開日: 最終更新日:

株式会社釣りビジョンは25日、同社のwebサイトに係るサーバーに不正アクセスがあり、約64,000件の個人情報が流出した可能性があると発表した。

2006年以降のプレゼント応募や番組人気投票等、ホームページ上で入力された情報のデータベースが対象で、このサーバーに保管していた顧客情報63,656人のデータが流出した可能性があるという。

攻撃はSQLインジェクションによるもので、2018年10月28日~2019年1月7日の間に行われた。

個人情報流出人数・情報内容は以下の通り

(1)個人情報の件数:63,656人

(2)情報内容

メールアドレスのみ 51,345人
メールアドレス+氏名 7,629人
メールアドレス+氏名+住所 4,682人
合計の件数 63,656人

なお、同社は問い合わせ用の専用窓口を設置している。

<お客様情報流出事案 お問い合わせ専用窓口>

【メールでのお問い合わせ】

privacy@fishing-v.co.jp

【電話でのお問い合わせ】

0120-086-840/平日:月~金 10:00~19:00(祝日を除く)

参考情報:

SQLインジェクションについてはこちらをご覧ください。

SQLインジェクション(SQLi)攻撃とは?事例と対策、体験サイト

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事