LINEへの不正ログイン、LINEアカウント乗っ取りに対する注意喚起


公開日:

LINE株式会社は、無料コミュニケーションアプリ「LINE」において、2020年2月に複数の不正ログインが発生し、約4000名を超えるアカウントが被害を受けたことを明らかにした。

これにより、ユーザーの意図に反するメッセージやタイムライン投稿がなされているという。

同社調査によると、これらのメッセージ及びタイムライン投稿の内容は、購買誘導をするためのスパムの他、LINEのアカウントの恒久的な乗っ取りを目的としたフィッシング詐欺のためのURLが含まれているケースもあるという。

同社では「友だちからのメッセージであっても、投稿中の不審なリンクは決して開かず、LINEアカウントのパスワード確認を求めるメッセージには応じないようにしてください」と注意喚起を呼び掛けている。

LINEへの不正ログイン被害状況

不正ログイン被害 (投稿機能を悪用されるケース)

不正ログインが行われた後、メッセージやタイムラインに意図しない投稿が行われる被害が発生

LINEアカウント自体の乗っ取りではなく、アカウントは継続して利用できる状態

不正ログイン被害を受けたユーザー数の国家 / 地域別の内訳

日本 4,073
台湾 81
タイ 2
他の国家/地域 69
合計 4,225

LINEアカウント乗っ取り被害

フィッシング詐欺を通じて、LINEのパスワード及びSMS認証コードを騙して入力させる攻撃が発生

被害件数は調査中

なお、当サイトでも既報の通りLINEアカウントの乗っ取りを画策したフィッシング詐欺メールが多発しており、こうした形で乗っ取りが行われるケースも多いものと考えられる。

LINE緊急問題というフィッシング詐欺メール

LINEにご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認というフィッシング詐欺メールを解析


カテゴリ:,
タグ:,



関連記事