自分のメールアドレスが流出していないか調べる方法【フィッシング詐欺・スパム(迷惑)メール対策】


公開日:

フィッシング詐欺などのスパム(迷惑)メールが止まらないという場合、そのメールアドレスの情報が流出している可能性があります。

当サイトのように、情報源としてわざとスパム(迷惑)メールが集まるようにしている場合ならともかく、一般的には迷惑なうえ危険なメールですからできれば受信したくないことでしょう。

まず、自身のメールアドレスが流出していないか、確認してみましょう。

ブラウザで有名なFirefoxで有名なmozillaが提供している、Firefox Monitorで確認することができます。

Firefox Monitor

ここで、スパム(迷惑)メールが届いているメールアドレスを入力し、「データ侵害を確認する」ボタンを押してみましょう。

実際に漏洩があった場合、以下のようにどの事案で漏洩したのか、また漏洩したデータの種類を確認できます。

上記のケースではLinkedInのデータ流出事件で漏洩したことがわかります。

「この侵害について詳しく見る」というリンクをクリックしてみると、

このように、パスワードとメールアドレスが漏洩したことがわかります。

さて、このパスワードはLinkedInで利用されていたパスワードですが、もしこのパスワードを使いまわしていたらどうでしょうか?

このメールアドレスとパスワードの組み合わせを他のSNSなどで使い回していれば、アカウントの不正アクセス・乗っ取りが可能になってしまいます。

アカウントの使いまわしが危険といわれるのはこれが理由です。

さて、Firefox Monitorは、Have I Been Pwnedというサービスからデータの提供を受けて運営されています。

Have I Been Pwned: Check if your email has been compromised in a data breach

実はこちらのサービスのほうがもともと有名なのではないかと思います。

もっともこちらはすべて英語のサービスのため、日本人の初心者の方でも利用しやすいという点でFirefox Monitorをご紹介しましたが、Have I Been Pwnedではpastebinなどのデータもあり、より詳細に流出状況を把握することが可能です。


カテゴリ:
タグ:,



関連記事